デジタルサイネージ
サムソン・業務用ディスプレイ
NGC Training Center™

NGC Training Center™

短時間で効率的に先進の技術を習得し、即業務に活かしていただけます。

BSI Information

BSI Information

ブロードキャスト事業部からのお知らせです。

デジタルサイネージ事業<西日本地域>

デジタルサイネージ事業<西日本地域>

大阪営業所では、SCALA,MULTITACTIONのデモから導入支援まで幅広くサポート致します。

気象・防災関連    受託開発

気象・防災関連 受託開発

気象データや防災情報などをCGで「見える化」するソリューションを提供します。

デバイス事業

デバイス事業

お問い合わせについては
o-device@ngc.co.jp
または03-6380-8148まで
ご連絡ください。

NGCのブログ

NGCのブログ

NGCのブログはこちらから

お問い合わせ

お問い合わせ

エヌジーシーへのお問い合わせはこちらから

Maya/3dsMax チュートリアルビデオ

Maya/3dsMax チュートリアルビデオ

Maya/3dsMaxの機能・Tipsを動画でご紹介します。

modo

新しいものを生み出すツール MODO 901

モデリングからテクスチャ作成、アニメーション、そしてレンダリングに至るまで、パフォーマンスの向上、パイプラインへのインテグレーション、多彩なツール群と多岐に及んで、アーティストのさらなるチャレンジを受け止めるべく、MODO 901には改良がくわえられています。MeshFusionのプログラム本体へのインテグレート、アドバンスドフォトリアリスティックビューポート、プログレッシブテクスチャベイキン グ、ベクターベースのファイルサポートといった魅力的な機能追加も、単なるハイライトに過ぎません。901はMODOリリース以来、最大級のアップデートが施されたバージョンとなっています。

より質の高いモデル制作を

モデリングとスカルプティングのツールセットは、MODO 901において使い勝手を大幅に向上させています。今回インテグレートされたMeshFusionを用いれば、より複雑な形状においてもブーリアンオペレーションが可能となり、質の高いモデル作りへと繋がります。トポロジカルシンメトリに加え、マルチレイヤーをサポートしたスカルプティング、機能拡張を果たしたスライスおよびキャップオプション、四角塗りつぶし、リニアと放射状整列ツール、 待ち望まれたマルチスライスが搭載され、今まで以上に早く簡単に、そして効率よくモデル作成に取組むことができるようになります。

トポロジカルシンメトリ(対称)

モデルがトポロジ的に対称な状態であれば、たとえキャラクターがポーズを取ることでジオメトリ的に左右対称でなくても、片側に与えた変更がそのまま、もう片側へ反映されるようになりました。もう二度手間は取らせません。

放射状およびリニアな整列ツール

新たな整列ツールではポリゴンの整列、エッジや頂点選択を簡単に放射状、多角形状、さらには直線に並べることができ、モデルの特定部分を均一にすることも容易になります。

細かなアップデートもしっかりと

何気なく使うツールに対しても、細かやかなアップデートを施しています。スライスツールにキャップオプションを追加、さらにエッジを跨いでスライス、四角塗りつぶしコマンドには改良されたオプションを追加し、使用頻度の高いカーブジェネレータやエッジループ選択にも改良を施しました。

説得力あるイメージを

MODO 901では思い通りのイメージをより簡単に作り出せるようになりました。新しく搭載されたフィジカルベースBRDFマテリアルを採用したことにより、リアルで説得力のあるイメージを生み出せます。また、ペイント機能の強化でより早く、より高品質なテクスチャ作成が可能になります。普段の制作活動において、ベクターグラフィックスを多用するようであれば、MODO 901で新たな可能性を見出すことができるでしょう。テクスチャとして、あるいは新たなデザインを構築するためのフレームワークとして、2Dのデザインを 3D空間へ読み込むことが可能になりました。

プログレッシブベイキング

MODO 901でのテクスチャベイクは、生産性向上に大きく貢献するでしょう。ベイクしつつその結果をプレビューし、さらにインタラクティブに調整、リファインすることが可能になりました。

フィジカルベースのマテリアル

リアルな表現に優れた新たなGTR BRDFマテリアルを採用したことにより、スペキュラープロファイルとリフレクションブラーをさらにコントロールしやすくなりました。

ベクターグラフィックスサポート

SVGフォーマットで描かれたファイルをテクスチャとして、あるいはカーブとして読込み、3D空間内でメッシュ制作のフレームワークとして利用できるようになりました。

マルチレゾリューションスカルプティングの改良

各メッシュごとにマルチスカルプトレイヤーを用いて作業できるようになりました。各レイヤーごとのブレンディングは不透明度アトリビュートでコントロールが行えます。

Create something BETTER: Better multi-resolution Sculpting from The Foundry on Vimeo.

改良されたペイント機能

MODO 901でのペイント機能拡張では、ブレンディング、補間、ストローク評価、サブピクセルのサンプリングの向上等により、利便性を高めました。

Create something BEAUTIFUL: Improved painting and texturing from The Foundry on Vimeo.

大規模プロジェクトへの挑戦

フィルム、TVコマーシャル、ゲーム、プロダクトデザイン、広告、どのような業界であれ、クライアントからはクオリティの高いアウトプットが要求されるものです。制作工程は複雑化し、リアリティの向上を求められつつ、少しでも安いコストで早く仕上げてほしい、といった具合で難題も多いことでしょう。 MODO 901であればツールをカスタマイズ、拡張し、パイプラインへの組込みも容易になるため、さらに複雑で大規模なプロジェクトへも挑むことができるようになるのです。

Create something BIG: Easier pipeline integration from The Foundry on Vimeo.

TD SDK

MODO 901で新採用したTD SDKでは直感的なインターフェイスを提供しており、テクニカルディレクターはPython APIへのアクセスが容易になり、プラグイン作成も捗ることでしょう。

QTサポート

新たにQTをサポートしたことにより、Windows版、Mac版、双方で共通のカスタムUIを構築することが可能となりました。

MODO 901 システム要件

推奨サポートOS ・Windows 7もしくはWindows 8(64ビット版のみ) ・Mac OS X 10.8 以降(64ビット版のみ) ・Red Hat Enterprise Linux 5.4 以降(64ビット版のみ)
最小ハードウェア構成 ・Intel プロセッサ, Core2Duo プロセッサ以上 ・フルコンテンツインストール用に空き容量10GB推奨 ・最小メモリ4GB ・表示解像度1280×800ピクセル以上 ・プロダクトアクティベーションおよびオンラインビデオ閲覧用にインターネット接続必須
その他 アドバンスビューポートでは512MB以上のグラフィックメモリを搭載したOpenGL 3.2以降をサポートしているNVIDIAもしくはAMDグラフィックカードが必要となります。

お問い合わせについて

サイトからのお問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ先:BSI事業部
東京本社
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-7-2 麹町M-SQUARE 7階(旧:麹町31MTビル)
TEL 03-6380-8142/FAX 03-3222-2601
大阪営業所
〒540‐8689 大阪市中央区久太郎町1-6-29 FORECAST 堺筋本町 3F
TEL 06-6267-6410/FAX 06-6267-6411