デジタルサイネージ
サムソン・業務用ディスプレイ
NGC Training Center™

NGC Training Center™

短時間で効率的に先進の技術を習得し、即業務に活かしていただけます。

BSI Information

BSI Information

ブロードキャスト事業部からのお知らせです。

デジタルサイネージ事業<西日本地域>

デジタルサイネージ事業<西日本地域>

大阪営業所では、SCALA,MULTITACTIONのデモから導入支援まで幅広くサポート致します。

気象・防災関連    受託開発

気象・防災関連 受託開発

気象データや防災情報などをCGで「見える化」するソリューションを提供します。

デバイス事業

デバイス事業

お問い合わせについては
o-device@ngc.co.jp
または03-6380-8148まで
ご連絡ください。

NGCのブログ

NGCのブログ

NGCのブログはこちらから

お問い合わせ

お問い合わせ

エヌジーシーへのお問い合わせはこちらから

Maya/3dsMax チュートリアルビデオ

Maya/3dsMax チュートリアルビデオ

Maya/3dsMaxの機能・Tipsを動画でご紹介します。


機能と特徴

Autodesk® MotionBuilder® 2017 には、多くのユーザーから寄せられた要望に基づいて、アーティスト、開発者、監督、撮影監督の日々の作業を改善する新しい機能強化が搭載されています。また、スタジオはこれらの機能強化により、ゲーム開発、ビジュアライゼーション、プリビズ、バーチャル シネマトグラフィー、長編映画の制作で使用するモーションキャプチャおよびその他のアニメーション データを、より効率的に編集、微調整できます。

主な新機能

Animation Cycle Creation Toolkit V.1

Animation Cycle Creation Toolkit V.1 を使用すれば、アニメーション カーブを分析して、アニメーション サイクルに最適なフレーム番号を特定し、アニメーション サイクルを自動生成することに役立ちます。

Story ツールの機能強化

Story ツールの操作性に関する強力な機能強化が行われているため、ワークフローの効率が向上します。新しいクリップのグループ化機能を使用すれば、Story ツール内で非常に柔軟に複数のクリップをまとめて操作できます。Clip Ghost の機能強化には、アニメーション クリップのピボットを簡単に調整できる機能が含まれているため、ワールド空間内にアニメーション クリップを効率的に配置したり、ゴーストをトラック内のクリップに表示させるか、隣接クリップだけに表示させるかをコントロールできます。加えて、FBX ファイルに複数のキャラクターが含まれる場合、どのキャラクターをクリップに読み込むのかを選択できるため、増え続けるプロダクション アセットの管理を最大限に効率化できます。

HumanIK 2016

MotionBuilder 2017 には、新しい Autodesk® HumanIK® 2016 ソフトウェア ソルバーが含まれており、最大限の安定性および柔軟性を提供します。HumanIK 2016 は、旧バージョンに関連する複数の安定性の問題に対処しています。加えて、HumanIK 2016 では、キャラクターに複数のロールボーンを追加でき、キャラクター階層内で自由に配置できます。

新しい Spline IK

新しい Spline IK コンストレイントを使用して、スケルトンのチェーンを簡単にコントロールしたり、アニメートできます。

複数の Viewer のサポート

複数の Viewer のサポートにより、メイン ウィンドウから Viewer をドッキング解除して、レイアウト内に自由に配置できます。加えて、 複数の Viewer ウィンドウを作成し、カスタマイズした作業環境を作成できます。

その他の機能と特長

FCurve の機能強化

MotionBuilder 2017 では、FCurve に数多くの便利な改良が加えられています。たとえば、キーの減衰コントロールで、モーション キャプチャからの密なキーフレーム データを効率的に編集できます。

キャラクター エクステンションの改善

キャラクター エクステンションの主な改善には、キャラクター エクステンションのミラーリングおよびリターゲットが含まれており、キャラクター エクステンションが真にキャラクターの拡張として機能します。

リターゲットの改善

Motion Reduction 機能を含む 2 つの異なるキャラクター間でアニメーションをリターゲットすることで、アニメーションが 1 つのキャラクターから他のキャラクターにどのように転送されるのかをより詳細にコントロールできます。

UI/UX の改善

MotionBuilder 2017 では、Schematic ビューでの検索機能の改善や Navigator 内の検索機能の統合など、さまざまな UI/UX の改善が行われているため、複雑なシーンをより簡単に管理できます。

動作環境

ソフトウェア

OS ・Microsoft® Windows® 7 (SP1) and Windows 10 Professional operating system

・Red Hat® Enterprise Linux® 6.5 & 7.2 WS operating system

・CentOS 6.5 & 7.2 Linux operating system

ブラウザ オートデスクでは、以下の Webブラウザの最新バージョンで追加コンテンツにアクセスされることをお勧めします。

・Apple® Safari® web browser

・Google Chrome™ web browser

・Microsoft® Internet Explorer® web browser

・Mozilla® Firefox® web browser

ハードウェア

CPU 64 ビット Intel ® または AMD ® マルチコア プロセッサ SSE4.2 命令セットを使用
グラフィックス ハードウェア 推奨されるシステムとグラフィックス カードに関する詳細な一覧は、「Maya 認定ハードウェア」ページを参照してください。
RAM 8 GB の RAM (16 GB 以上を推奨)
ディスク空き容量 インストール用に 4 GB のディスク空き容量
ポインティング デバイス 3 ボタン マウス

Autodesk® MotionBuilder® 2017 は、上記の 64 ビット オペレーティング システムでご使用ください。 ただし、動作するには少なくとも上記の 64 ビット ハードウェア システムが必要です。

オートデスクは、サード パーティのハードウェア ベンダーまたはソフトウェア ベンダーが発行した、本ドキュメントで動作が確認されているとしたソフトウェアまたはハードウェア用(あるいは、ユーザがオートデスク製品と関連して使用する、その他のあらゆるサード パーティ製ソフトウェアまたはハードウェア用)のアップデート、エクステンション、または新リリースをインストールしたことによって発生した、オートデスク ソフトウェアの不具合について責任を負いません。

体験版のダウンロード

Autodesk MotionBuilder 体験版

・体験版はサポートの対象外です。サポートをお受けになる場合は、正規品をご購入ください。
・体験版でユーザ登録を行うことはできません。
・製品体験版(無償)には、ソフトウェアに同梱されている使用許諾およびサービス契約の条件が適用されます。



ダウンロード:Autodesk MotionBuilder  体験版

お問い合わせについて

サイトからのお問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ先:BSI事業部
東京本社
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-7-2 麹町M-SQUARE 7階(旧:麹町31MTビル)
TEL 03-6380-8142/FAX 03-3222-2601
大阪営業所
〒540‐8689 大阪市中央区久太郎町1-6-29 FORECAST 堺筋本町 3F
TEL 06-6267-6410/FAX 06-6267-6411